第1部3章なぜ売れない?ネットショップの現状を数字で直視する

CATEGORY :  自社EC売上UP
STAFF :  ゆりーか

こんにちは、広報担当のゆりーかです。

今回はネットショップの現状を数字を用いて考えていきます。売上が伸び悩んでいるときによくありがちなことが、売れない理由を勘で決めてしまうことです。
たぶんこうだからと憶測で物事を決めるのではなく、きちんと数字で原因を考えて対策を取りましょう。

 

ところで皆さんは、実店舗とECサイトの平均の購入率をご存知ですか?

実店舗では来店した約10人に1人が購入するのに対し、ECサイトでは100人に1人しかお買い物をしないのです。
よってECサイトでは、実店舗以上にお客様の誘導をきちんと行わなければなりません。

ECサイトは実店舗の1/10に

売上げを伸ばすために先ほどの公式で目標と現状を比較し、課題を明確にしていく必要があります。

 

例えば…
目標:300,000円=3,000人(アクセス人数)×1%(購入率)×10,000円(平均単価)
現状:45,000円=1,500人(アクセス人数)×0.3%(購入率)×10,000円(平均単価)

~アクセス人数が目標に達した場合~
3,000人(アクセス人数)×0.3%(購入率)×10,000円(平均単価)=90,000円

~購入率が目標に達した場合~
1,500人(アクセス人数)×1%(購入率)×10,000円(平均単価)=150,000円

ということは、この場合一番初めに対策を打つべき課題点は購入率となります。

3-3

 

課題点を見つけるために、

1.アクセス人数と購入率の目標設定を行う。
2.目標値と現状の数字を公式に当てはめる。
3.アクセス人数・購入率それぞれが目標に到達したときの売上げ予想値を出す。

以上でショップの課題点の洗い出しができます。

現状の数値(アクセス人数や購入率など)を用いて課題点を見つけ対策を打てば、きちんと成果は出ます。
やみくもに行動するだけでは、成功には繋がりません。数値で課題点を見つけ、数値で解決策を考える。これが成功への第一歩となるのです。

次回は成長スピードが格段に変わるPDCAについてご紹介していきます。