「週7ホテル暮らし」の真意とは?目標達成のために120%で全力疾走する男

category :  COREKARAの日常 , 社員インタビュー

update :  2022/01/24(月)

staff :  kozue

2020年にこれからに入社し、広告運用の最前線で活躍しているのがAD(広告運用)コンサルタントの柏葉。
即戦力として入社後すぐ活躍し、
自社ネットショップの立ち上げから伴走して成功に導いたクライアントはこれまでに60社以上、
中には月間売上を億規模まで伸ばした事例もあるなど、めざましい実績を残しています。

長髪が印象的な柏葉は、仕事面でもプライベート面でもとてもこだわりが強いそう。
そして、目標のためなら常に120%以上の力で走り続ける性格。
こうした柏葉の姿勢は、「社内でもトップクラスのどヘンタイ」という言葉で褒められるほどです。

常に自己成長を続ける柏葉に、
入社理由やこれからの組織としての魅力、そして仕事に集中するために継続しているという「ある生活ルーティン」についても伺いました。

柏葉

Kashiwaba

 

2020年5月入社。自社ネットショップのコンサルタント。
大手電機メーカーのトップ営業からWebコンサルタントに転職し、3社目でこれからにジョイン。
柔和な物腰と、目標に対する超ど級のストイックさを武器に、お客様の売上拡大に貢献中。
好きなブランドはヨージヤマモト。
これからYouTubeでも活動中!

 

受け入れられなかった「髪切ってこい」の一言。不要なルールを押し付ける会社に疑問

 

学生時代の転機は、大学3年生の時のインターン経験です。

国内や海外のハイブランド商品を取り扱う、セレクトショップの運営企業でインターンをしたのですが、
その時に売上をどんどん稼いで自分の力で給料を上げていくマインドが身に付いて、意識がガラッと変わりました。

最初の就職先は、大学の紹介で入った大手電機メーカーで、ポジションは営業でした。
18時にはもう家に着いているようなホワイト企業でしたが、
限られた稼働時間でお客様の所にできるだけ多く訪問して、
見込み案件を取りに行かなければいけなくて。
仕事を効率化しながら成果を出すことを必死に考えていました。
結果的に、3年目では全国トップの営業成績を挙げられたんです。

ただ、その表彰式に参加する前に上司から「髪切ってこい」って怒られて。
今ほど長くなかったのにもかかわらずですよ。
営業として成果も出しているし、お客様からも信頼していただいて、
どんどんお客様を紹介していただくなど販路開拓にも貢献していた。
それなのに、仕事の本筋から外れる細かいルールを押し付けられるのが嫌でした。
ちょうど、
「自分の好きなように働きたいし、ビジネス戦闘力を上げたい」
という気持ちが増していたタイミングだったので、
違う環境に行こうと退職を決めました。

2社目は広告代理店に営業として入ったのですが、
3か月でクリアすべきGoogleの認定資格や会社から定められたテストを1か月でクリアしたので、
広告運用の部署に配属されました。
そこからゴリゴリと広告運用をするようになって。
在籍期間は半年ほどでしたが、広告運用のスキル・経験はこの時に身に付けました。

修行できそうな次の転職先を探す中で、見つけたのがこれからです。
まだまだ成長フェーズにある企業だからこそ、
これから会社が大きくなっていく過程に携われることに面白さを感じました。
また、最終的には事業全体を動かすようなポジションに就きたいという思いもあったのですが、
そういったことにチャレンジできる土壌がある会社だなと。
あとは、役員の美甘さんとお話したときに、ビビッときたんですよね。
他社も受けていましたが、
一番健全に楽しく、
やりたい仕事ができそうな環境だと思ってこれからを選びました。


 

業界の波に乗り遅れないよう、トレンドや経営者の視点は常に情報収集

 

今はネットショップのコンサルタントとして、広告運用の代行をしています。

ミッションはお客様の売上を上げること。
お客様のネットショップにたくさんの見込み度合いの高いお客様を集めるために、
広告配信の戦略を立てて提案を行い、運用しています。
また、もう少し上流の所では、
「売上を上げるためには、誰をターゲットに、どのような商材を、どういった訴求で売っていくべきか」や
「単価はいくらで売るべきか」といった、経営的な視点での戦略策定にも携わっています。

その中でも僕は、
単品リピートと呼ばれるコスメ・サプリ・健康食品系の商材を扱う案件を得意としています。
一番印象に残っているのは、
ほぼ売上が立っていなかったECサイトの商品戦略や広告配信設計をまるっと担当して、
1年で月間最高売上1億円まで売上を伸ばした案件です。
こうした案件に携わる中で提案の幅も広がり、ノウハウも溜まっているので、
どんどん短期間でお客様の売上を伸ばすことができるようになってきています。

最近は、顧客開拓にも力を入れていて。
大型案件も増えているので、僕らの実績が評価されて、次のフェーズに移っているように感じます。

もちろん、常に業界のトレンドは意識しています。
SNSで気になるコミュニティがあれば参加しますし、
TwitterやYouTubeでビジネス系の情報をたくさん仕入れています。
世の経営者がどういったことを考えているのかや、
媒体のトレンド、競合商材の訴求の仕方などは特にチェックしますね。
内だけを見ていると業界のトッププレーヤーに遅れをとってしまうので、
意識的に外の情報に目を向けて
います。

同じ部署のメンバーは僕を含めて8人で、そのうち新卒が4人、インターンが1人と若い組織です。
みんな個性的でのびのび働いていながらも、責任感が強い。
あと、素直だから成長が早いですね。
僕も後輩に教える立場なので、たとえばお客様へのメールや資料の書き方で違和感を感じることがあれば指摘しますし、
プレゼンのロープレに付き合ったりしています。
意識しているのは、
良いことも直してほしいことも、周りくどく言わずにストレートに伝えること。
「ここは、もっと伝え方を考えるべき」や「これは直した方がいい」など、
思ったことがあれば遠慮せず伝えますし、そのぶん良いところはちゃんと褒めます。
 

ビジネスホテル暮らしをするのは、仕事に全力を注ぐため

   

皆がのびのび働けているのは、
これからが社員のやり方に細かく口出しをしない会社だから
だと思います。

「目標数字を達成してくれるなら、やり方は自分で決めていい。
むしろ新しいことにチャレンジして、
全員に新しい視点やノウハウをインストールしてほしい」といった考え方なので。
髪型や服装の自由も、もちろんありますし。

あとは、遠慮しなくていいから働きやすいですね。
上司の顔色を伺いながら仕事をしていると心地良くないですし、
プライベートなことを周りに話せなくて、自分を殺したりすることもあると思います。
けれど、これからのメンバーはみんな器が広いし、
それぞれが個性的だから僕が何をしていようと気に掛けられない(笑)
だから、心地良いんです。
みんなが自分の芯をしっかり持っているからこそ、認め合えるのかなと。

とはいえ、周りからは「どヘンタイ中のどヘンタイ」呼ばわりもされます(笑)
たぶん、何事にもこだわりが強いのと、
人が想像する以上に決めたことにのめりこむ性格
だからかな。

仕事においては
「やらなかったことに対する悔いが残らないようにしよう」と決めていることもあって、
「そこまでするの?」と思われるほど働いていると思います。

たとえば、
仕事以外の余計なことを考えたくないのと、
通勤時間で気力・体力ともに消耗しないよう、ホテル暮らしをしていて。
会社近くのビジネスホテルに週7で泊まっていることもあります。
会社のメンバーには「遅くまで飲みたいだけだろ」って思われてるかもしれないし、
妻には「無駄遣いしないで」って言われますけど(笑)
あと、仕事のオン・オフは無いタイプです。
なぜなら、オンにする時に労力が掛かってしまうから。
常に、自分の持ってる120%を出し続けようという感覚でいるかもしれないですね。

これからは、ここ1年ほどでどんどん人が増えているけれど、組織の機動力は落ちていないと感じます。
ADコンサルタントの仲間として迎えたいのは、背中を預けられる人。
待ちの姿勢では無く、
自分から案件を取りにいく方や自分でポジションを作っていける方、
そして「国内のEC案件を牛耳って、もっとでっかくなろうぜ」
といった野望を持って働ける方がいいですね。

案件ごとの粗利が大きい大型案件が増えてきているので、
今後はチーム制を敷いて運用を回せる組織体制を作らなければなりません。
僕はPM的な役割について組織強化をする役割を期待されていると思うので、取り組んでいきたいですね。

また、会社の顔として外部のセミナーやイベントにどんどん登壇したいなと。
コツコツと実績を積み上げるのも大事ですが、
トレードマーク的な存在が1人いると、そこから販路がさらに広がると思うからです。
そして、いずれは事業部長のようなポジションに就きたいですね。

いろいろと目標はありますが、
なんとなくやっていても目標は達成できないので、
2~3年スパンで自分のなりたいビジョンを定めた上で、
そこにたどり着くための努力を積み重ねて
いきたいと思います。



採用情報はこちら

 

\メンバーから柏葉さんにひとこと/

◼常に全細胞が燃え上がっている熱い漢です。(燃えすぎ)
適度にうるさいですが周りの雰囲気は大変明るくなります。(良いこと!)
仕事に対してはとても真摯で、パフォーマンスも最高なのでステキです。
いつまでも「煉獄さん」が大好きなピュアな心を忘れないで欲しいです。
これからも全力でドヘンタイしながら突っ走りましょう!
(コンサルコーチより)

常にどうやったらお客様の売り上げを伸ばせるかを考えている人です。
広告の運用もプロフェッショナルでありながらお客様に施策の提案までしていて、
広告の領域超えて働いている姿はあっぱれです。
あと、よく分からないのですが、毎日ホテルから出勤をしてきます笑。
電車に労力を使うのが嫌みたいです。
日曜日に泊まって月曜日もホテル出勤してるのだけは理解がし難いですが、
全集中でそれだけ仕事にストイックで本気で真っ直ぐな男気のある上司なので尊敬しています!
変な人ですが尊敬しています!(2回目)
(ラッパーな後輩より)

Kuramoto

この記事は 倉本 祐美加 が書きました

SNSでシェアする