ネットショップの運営で重要なポイント9選|メリットや注意点も解説

category :  自社EC売上UP

update :  2021/05/28(金)

staff :  ishizawa

ネットショップの運営では、どのようなことに気をつける必要があるのでしょうか。この記事では、ネットショップの運営方法や成功のコツを知りたいと思っている人へ向けて、ネットショップ運営に関するポイントを解説します。注意点も解説するため、ネットショップの運営を成功させるためにぜひ役立ててください。

\ ネットショップの支援実績7,000 社以上! /
(※当社2021年実績)
ネットショップの売上UPを支援するどヘンタイ集団「株式会社これから」

ネットショップは変革期を迎えている

ネットショップは実店舗よりも簡単に開設でき、誰でも気軽に始められます。そのため、ネットショップの店舗数はとても多くなっており、他社との差別化を図るのも難しい状況になっています。 自社のネットショップの特色を打ち出せなければ、売上はなかなか伸ばせません。

ネットショップの運営を成功させるには、適切な戦略やマーケティング施策が必要です。ネットショップを開設するだけで成功できるわけではないため、計画的に取り組みましょう。

ネットショップを運営するメリット

ネットショップの運営にはどのようなメリットがあるのでしょうか。ここでは、具体的なメリットを解説します。


商圏が広がる

ネットショップは、インターネットに接続できればどこからでもアクセスできます。実店舗とは違い、工夫次第でより多くの顧客を集められる可能性があります。
そのため、商品が売れるチャンスも多いのが特徴的です。

自分が住んでいるエリアに商品のターゲットがいない場合でも、ネットショップなら場所にとらわれず営業できます。

24時間営業が可能になる

ネットショップの場合、インターネット上に掲載されている商品をユーザーがチェックし、好きなタイミングで購入できます。運営者がネットショップをみていないときにも商品を販売でき、24時間営業が可能です。

それに対し、実店舗は営業中スタッフが待機する必要があるため、24時間体制で開店するには労力がかかります。

コストが抑えられる

ネットショップは実店舗に比べて低コストで営業可能です。実店舗で商品を販売するためには、内装工事の費用やテナントとしての入居費用などがかかります。

また、スタッフを雇うための人件費も必要です。ネットショップは店舗を設ける必要がなく、スタッフも最小限で済むため、余計なコストがかかりません。

ネットショップの運営におけるデメリット

ネットショップにはデメリットもあります。ここでは、どのようなデメリットがあるのか解説します。

ユーザーの顔が見えない

ネットショップでは、実店舗のように顧客の顔が見えません。そのため、顧客の表情や態度などからニーズを汲み取って活かせないデメリットがあります。
たとえ顧客がネットショップや商品に対してネガティブな感情を抱いていても、それを察知するのは難しいでしょう。

ネットショップの運営では、ユーザーとの関わり方を工夫する必要があります。

ライバルが増える

ネットショップは基本的にどこからでもアクセスできますが、その分ライバルも増えやすくなります。ユーザーはさまざまなネットショップを閲覧し、より安く販売しているところを探しているケースも多いです。
同じ商品を扱っているネットショップが複数あれば、価格競争が激化する可能性もあります。
ただし、安易に値下げすると利益が出にくくなるため要注意です。

ネットショップの運営で重要なポイント9選

ネットショップの運営では、どのような点に注意が必要でしょうか。ここでは、具体的なポイントを9つ解説します。

費用をきちんと把握する

ネットショップを運営するためにはさまざまな費用がかかります。たとえば、商品の仕入れ、梱包材、発送、広告など費用の種類は多岐にわたります。

しっかり利益を出すためには、どのような費用がいくらかかるのか正しく把握しなければなりません。費用を考慮したうえで商品の価格を決め、十分な利益を出せるようにしましょう。

適した配送手段を用意する

売れた商品は適切な方法で配送しましょう。軽くて小さい商品であれば、配送料が安く済むメール便を利用できます。高額な商品や壊れやすい商品なら、補償がついている配送手段を選んだほうが安心です。

商品にあわせて配送手段を使いわけると、顧客からも便利に安心して利用できるネットショップだと認知してもらえます。

決済手段はできるだけ豊富にする

ネットショップに導入できる決済手段はたくさんあります。多くの人のニーズに対応するためには、なるべく多くの決済手段に対応する必要があります。 希望する決済手段がない場合、ネットショップでの購入を諦めるユーザーもいるため注意しましょう。

特に人気がある決済手段は、クレジットカード決済、代金引換、コンビニ払いなどです。

アクセス解析を実施する

ネットショップのユーザーの行動を把握するには、アクセス解析が重要です。どれくらいの人数がどこからネットショップを訪れているのか、チェックしましょう。

また、たくさんの人がチェックしている商品はどれか把握する必要があります。アクセス数が増えてきたらその理由を分析し、今後のアクセスアップのために活かしましょう。

SEO対策を行う

検索エンジンは、ネットショップの流入経路のひとつです。流入を増やすためにはSEO対策を実施し、コンテンツを充実させたり、Webサイトの構造を最適化したりする必要があります。

検索エンジンのクローラーから、ユーザーにとって有益なWebサイトであると判断してもらえるよう対策しましょう。

レコメンドエンジンの導入は必要不可欠

レコメンドエンジンとは、ユーザーの行動を分析して関連商品を紹介する機能です。自動的に商品を選んで表示できるため、手間はかかりません。 ネットショップの商品に興味をもっているユーザーは、ほかにも魅力的な商品をみつけると一緒に購入してくれる可能性があります。

顧客単価を上げやすくなるため、レコメンドエンジンはできるだけ導入しましょう。

リピーターの分析・アプローチを行う

新規顧客の獲得には高いコストがかかるため、リピーターの獲得に力を入れたほうがネットショップを軌道に乗せやすくなります。
一度商品を購入してくれた顧客が再びネットショップを訪れてくれるよう、働きかけましょう。

たとえば、メールマガジンやクーポンを発行する方法があります。リアルイベントを開催するのも効果的です。

SNSをうまく利用する

ネットショップのブランディングをしたり、顧客ロイヤルティを高めたりするには、SNSも活用しましょう。
たとえば、ネットショップのSNSアカウントを作って情報を発信したり、インフルエンサーに商品の紹介を依頼したりします。

SNSによってユーザー層が異なるため、ネットショップのターゲットにあわせて利用してください。

ユーザーに安心感を与える

ネットショップでは運営者と顧客が顔をあわせられません。ネットショップで商品を購入してもらうためには、ユーザーに安心感を与える必要があります。

たとえば、過去に商品を購入した人のレビューを紹介したり、運営者の情報をわかりやすく提示したりすると効果的です。ユーザーが迷わず商品を購入できるネットショップを作りましょう。

ネットショップの運営における注意点

ネットショップを運営する場合は、気をつけたい部分もあります。ここでは、具体的な注意点を解説します。

許可証が必要なケースがある

ネットショップで扱う商品の種類によっては、許可証を取得しなければならない場合もあります。たとえば、食料品を扱うためには、保健所へ食品衛生法に基づく営業許可申請書の提出が必要です。 中古品を扱うなら、警察書へ古物商許可申請書を提出しなければなりません。

扱う商品の種類を元に、許可証か必要か確認しましょう。

ちょっとしたことで信用性が落ちる

ユーザーは、ネットショップに少しでも不信感を抱くと商品の購入を躊躇します。信用を得るためには、ネットショップを安全な状態に保つ必要があります。 具体的には、ウイルス対策や不正アクセス対策を徹底し、顧客情報も適切に管理しなければなりません。

取り組みについてネットショップ上に明示し、ユーザーが確認できるようにしましょう。

ネットショップの運営代行を利用するのも1つの選択肢

ネットショップをスムーズに運営するには、運営代行を利用する方法もあります。運営代行なら、商品の管理や顧客のフォローなどをすべて任せられます。 一定のランニングコストがかかるものの、専門的なスキルやノウハウをもとに対応してくれるため安心です。

業者によって依頼できる業務の範囲や契約期間は異なります。コストもそれぞれ違うため、複数の業者を比較しながら自社のニーズに適しているところを選びましょう。

まとめ

ネットショップの運営を成功させるためには、たくさんのポイントを意識する必要があります。顧客の目線からネットショップの利便性や安全性を検討し、必要な対策を取り入れましょう。許可証が必要な場合は早めに取得してください。

「株式会社これから」は、ネットショップの売上を伸ばすためのさまざまなサポートを行っています。独自ドメインのネットショップ制作、リピーターの獲得支援などに一貫して対応できるため、ぜひ相談してください。



\ ネットショップの支援実績 7,000 社以上! /
(※当社2021年実績)
ネットショップの売上UPを支援するどヘンタイ集団「株式会社これから」

無料相談・サイト無料分析はこちら