【重要】Googleアナリティクスのデータ保持期間の設定変更は行いましたか? 2018年5月25日までに変更しよう!

category :  自社EC売上UP

update :  2018/05/22(火)

staff :  ゆりーか

【重要】Googleアナリティクスのデータ保持期間の設定変更は行いましたか? 2018年5月25日までに変更しよう!

2018年5月25日より、GoogleアナリティクスがGDPRへの対応として 「データの保持」機能の提供を開始します。

それに伴い、今まで永久的に保存されていたユーザ単位・イベント単位の情報が、期限付きとなります。
初期設定は26か月となっているので、継続してデータを蓄積させたい場合は設定の変更が必要です。
データの保持機能によりデータ保持期間を設定変更することが可能です。

GDPRとは?

EU一般データ保護規則(General Data Protection Regulation)のことで、欧州の個人データ保護に関する新しい規則です。
2016年5月24日発効、2018年5月25日から適用されます。

データ保持の設定方法

Googleアナリティクスの管理画面左下の『管理』をクリックします。

管理

プロパティの中にある『トラッキング情報』をクリックすると『データ保持』という項目が出るので開きます。

データ保持

ユーザーデータとイベントデータの保持をクリックすると、 14か月・26か月・38か月・50か月・自動的に期限切れにならない 
の項目が出るので『自動的に期限切れにならない 』を選びます。

自動的に期限切れにならない 

保存を押せば終了です。

データ保持の設定を行っていないと、
過去のユーザーデータとイベントデータが消去されてしまいます。
GDPRの施行まで残り日数わずかとなっているので、まだ設定の変更を行っていない方はお早めに対応しましょう。

※越境ECなど海外からのユーザーがいるショップやサイトは、設定の変更に注意が必要です。

この記事は広報担当 ゆりーかが書きました