毎年前年度比約200%アップしています!究極のタピオカ屋様

STAFF :  ゆりーか

コレカラお客様インタビュー 第4回目は、、、
ECでタピオカの販売をしている究極のタピオカ屋様。実店舗では六角橋焼小籠包というお店で焼き小籠包などを販売しています。それがなぜECでタピオカだったのか。ECを始めたきっかけやその後の成果などのお話を伺いました!

ECを始めたきっかけを教えてください。

小籠包の実店舗を2011年に始めて、ちょうど2012年頃からグルーポンやぐるなびなどが流行りだしていました。よくそういったところから営業の電話が来ていて、内容がすごく面白いと感じていて。そのことがきっかけで、何か売上を上げる為の施策がないものかと考え始めました。

当時実店舗で売上げが1日に3,000円ぐらいの日もあり、来客数を増やす方法を模索していました。その時にコレカラさんから営業の電話があり、話を聞いてみようと。

六角橋小論歩

その時に聞いた話では、ECで小籠包を売ろうとすると横浜中華街の競合とかに勝てないということだったんだよね。そこで他に売れる物がないかと営業の方と考えた結果、タピオカがまだ空いていることに気づき、タピオカのECサイトを始めることになりました。
タイミングがすごくよかったんだね。

コレカラを選んだ理由はどういったところだったんでしょうか?

人とプランですね。 納得したうえで、お金の話が出てきて。相手の利益を考えて提案してくれるので非常に信頼できると感じました。
また手間のかかることもしっかりサポートしてくれるのでありがたいですね。

サービス導入後の成果はいかがでしたか?

ECを立ち上げてから、売上がどんどん上がりました。大体毎年、前年度比200%アップぐらいで伸び続けています。
断定的に旬なサービスを提案してくれるし、信頼しているから新しいサービスを導入していくことに対して不信感などはなかったね。
余談なのですが、私はコレカラさんにお願いする際、時計を売ってECサイトを制作しました。なのでまた時計が買えるくらいに売れればいいかなぐらいで。タピオカで儲かったものはタピオカで使うと決めているので、もうひとつぐらい何かやりたいと思っています。

最後にコレカラについて一言お願いします!

手間のかかることは最初一切言わなかったけど、アフターフォローをしっかりしてくれて、売りっぱなしじゃないよね。
変に金かねしていない(笑)

分からないことがあったら全部フォローしてくれました。

社長さんのお互い儲けるという信念が全部に行き届いているかな。皆楽しそうにしているしいいと思う。やっぱり環境だよね~
営業してきてくれた佐藤さんが人のことを考えてくれて信頼できる人だから、その上司の人が悪いわけない。

最近広告の話をしてて、本当はリターゲティングはしたくなかったけど、断定的に物事を言ってくるし信頼しているので不信感とかは一切なかったね。長い付き合いだからこその信頼と結局は人だよね。
だからこそ全て任せる。納得した上で金額の話しが出てくるからすっとお金が出せる。

お忙しい中ありがとうございました!!!

この記事は広報担当 ゆりーかが書きました

究極のタピオカ屋様のサイトはこちら

]