seoって何

第3部 CMSの機能でSEO対策を実施する 1章【簡単にわかる!】SEOって何?

CATEGORY :  自社EC売上UP
STAFF :  ゆりーか

今回から第3部となります。第3部はCMSの機能を使ったSEOということで、SEOの基礎的な内容から設定方法まで4回に分けて紹介していきます。まず1章はSEOとはそもそも何なのか、簡単に解説していきます。

目次
・SEOって何?
・SEOはGoogleの対策だけでOK!?
・SEOってこれだけ重要なんです
・Googleは何でどこを判断しているの?

SEOって何?

SEOとはSearch Engine Optimizationの略で、日本語に訳すると検索エンジン最適化という意味です。

まず検索エンジンとは、インターネットで何かを検索するための機能のことです。有名どころでいうとGoogleやYahoo!・Bing!などが挙げられます。そのらの検索エンジンに最適化するわけです。

最適化とは何ぞや?となっているかと思いますが、最適化を簡単にいうと、検索結果の上位に表示させるための施策のことを指します。

GoogleやYahoo!・Bing!がどのサイトをどの順番で表示させるかを決めているというわけです。またその順番を決めるためのルールや決まりのことをアルゴリズムと言います。

ちなみにアルゴリズムの内容は公表されていないので「絶対これをすれば順位が上がる!」というものはありません。しかし法則性やヒントは出されていますので、それに則って対策を打っていく必要があるのです。

SEOはGoogleの対策だけでOK!?

じゃあそれぞれGoogleにはGoogleの対策、Yahoo!にはYahoo!の対策をしないといけないの?と思うかもしれません。ですが実はYahoo!はGoogleの検索機能を使用しています。よってGoogleの対策をしていれば必然的にYahoo!の対策をしていることにもなるのです。

ただしYahoo!がGoogleと同じ検索機能を使っているからと言って検索結果が全く一緒になるわけではありません。Yahoo!には知恵袋やヤフオク!などの自社のサービスがあるので、そのページが上位に表示されることもあります。

もしGoogleとYahoo!でどのくらい順位に違いがあるか気になる場合は、検索順位を調べるツールで検索をかけてみましょう。

SEOチェキ

1-2

SEOってこれだけ重要なんです

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、検索結果の上部に広告枠があります。じゃあSEO対策なんてせずに広告を打った方が早いんじゃないかと思うでしょう。確かにSEOは効果が出るまである程度の時間を要します。それに対し広告は短期間で効果が出やすいと言われています。しかし広告枠をクリックする人は、実は全体の20%しかおらず、残りの80%の人は自然検索結果をクリックしているのです。

1-3

広告費を使って2割の人を集めるより、きちんとSEO対策をして8割の人を集めた方はいいと思いませんか?

それ以外にもSEOが大切な理由は3つあります。

その1.上位に表示されることでクリック率が上がる

基本的にユーザーは上から順にクリックする傾向があります。モバイル端末であれば一番上は19.3%がクリックしますが、2つ目になると11.4%と約8%もクリックする人が減るというデータも出ています。

1-4

参考サイト:seoClarity
http://www.seoclarity.net/mobile-desktop-ctr-study-11302/

その2.広告は費用がかかる

当たり前のことですが、広告には費用がかかります。入札額は1~9999円と幅広いですが、常に1ページ目の上部に広告を表示しようとすれば相当の金額がかかります。資金が無限大にあるという人は別ですが、大半の人はそうではないでしょう。

基礎的なSEOであれば自分でもできることはたくさんあります。広告だけに頼る前にいまのSEOの状況を見直してみましょう。

その3.SEOは資産になる

広告であればお金を出してクリックされればそれで終わりですが、時間をかけて行った内部対策や制作したコンテンツは削除しない限り残り続けます。1日1つ何かコンテンツを作ったり設定を行うだけで1年間で365個のデータが蓄積され、それが資産へと変化していくのです。

Googleは何でどこを判断しているの?

Googleはクローラーというロボットを使って世界中のサイトを巡回しています。そしてクローラーが集めたデータをもとに情報を整理し、ユーザーが何か調べものをしたときに「こんな情報がほしいんじゃない?」とそのユーザーに一番適したサイトを選んで教えてくれるのです。

ではクローラーはどの部分を見て「これはいいサイトだ。ユーザーはこんなサイトを欲しがっているんだ。」と判断しているのでしょうか?

まずGoogleはユーザーが欲している情報を提供できるものをいいサイトと認識します。例えばSEOのことを調べているのに全く違うファッションのサイトが出てきたら、ユーザーはほしい情報が手に入らないと判断しGoogleの検索エンジンを使わなくなってしまいますよね。ですからユーザーがいいと思うもの=Google(クローラー)がいいと判断ものになるわけです。

しかしクローラーはロボットなので文章の内容や画像の美しさなどでは判断できません。

そこでアルゴリズムと言われる数100の決まりを使ってサイトの良し悪しを判断しています。アルゴリズムは年間500~600回ほどアップデートを繰り返しています。そのためGoogleのアップデートに合わせて私たちも更新する必要があります。

ちなみにこのアルゴリズムは公開されているものではありません。ただガイドラインというものが用意されているので、それに合わせて設定やページの制作を行っていきます。

その中で1番大きな指標にされているのがタイトル・キーワード・ディスクリプションです。

タイトルはWebサイトの題名のようなものです。ブラウザのタイトルバーや検索結果に表示されます。

1-5

ディスクリプションは検索結果に表示されるページの説明部分です。

1-6

キーワードは検索されるときのキーワードです。検索されやすいキーワードを使ってタイトルや文章を作ります。

これらのワードはECサイトを運営していると一度は目にしたことがあるかと思います。ただそれぞれの意味や設定方法、設定するとどんな効果があるのかなど案外と知らないなぁ…ということはありませんか?

次回から3回に分けてタイトル・キーワード・ディスクリプションとは何なのか詳しい解説や実際の設定方法などをご紹介していきます。お楽しみに!

この記事は広報担当 ゆりーかが書きました
]