第5部4章 インスタグラムECサイト活用術 ~ハッシュタグって簡単編~

第5部4章 インスタグラムECサイト活用術 ~ハッシュタグって簡単編~

CATEGORY :  corekarablog , 自社EC売上UP
STAFF :  corekara

日ごろからSNSの更新癖があまりないため、撮りだめた写真を一気に更新しているのですが、
先日雑誌を読んでいたら、そういったまとめて一気に投稿するのは女の子に嫌われると書いてあり落ち込みました。

どうも戸田です。

前回は、そもそもインスタグラムってなに?
どんな内容を更新していけばいいの?
ということをお伝えしましたが、

インスタグラムってそもそもどうやったら他の人から反応をもらえるの?
よく「いいね」って聞くけどそれってなに?

そんな疑問にお答えいたしましょう。

目次
・いいね機能
・ハッシュタグ機能
・どんなハッシュタグをつければいいの?

いいね機能

SNSツールといえば「いいね」みたいなところがありますが、このいいねは何かというと「人気ランキング」みたいなものだと思っていただければ問題ないです。

インスタグラムにはハートマークのアイコンがついています。

このハートマークのボタンをタップすると、

この数が変わります。

インスタグラムの写真というのはインスタグラムを使うユーザーにとって関連性が高いものや人気なものから表示される機能があります。

なので多くのいいねが集まれば集まるほど、より優先的に自分の写真を見てもらいやすくなります。

いいね
私のインスタグラムのこの投稿の場合37人の人がいいねをしてくれている。 写真下のハートを押すといいねをしたことになる。

そのためインスタグラムの更新においてはこのいいねをどれだけ集めていけるかというのが生命線になってきます。

では、どうやってこれを集めるかというと、、、

ハッシュタグ機能

これを有効に活用することが大切です。

ハッシュタグ機能とは、簡単に言うと検索キーワードになります。

こちらのインスタグラム。写真の下に#日本酒と書かれています。
この「#○○」これがハッシュタグです。

ではこれをタップしてみます。

すると「#日本酒」というハッシュタグをつけて投稿された写真一覧が表示されます。


#日本酒で投稿をしている写真一覧。日本酒というハッシュタグをつけている画像はたくさんある。

インスタグラムは写真を投稿するSNSなため、そのままでは検索に引っかかりません。
そこでこの写真はこういう検索で引っかかるようにしてほしい!とインスタグラム側に伝えてあげる必要があります。そのための機能がハッシュタグと呼ばれる「#○○」という形式での投稿になります。

そのためいろいろな人に自分の写真を見つけてもらうにはハッシュタグをつける必要があります。

どんなハッシュタグをつければいいの?

ハッシュタグをつけるポイントは2つ!

1つ目:うるさくならない程度に人気のあるハッシュタグをつける。

たとえば「日本酒」関連のハッシュタグはどんなハッシュタグがつけられているかというのを確認してみると「日本酒女子」や「日本酒バー」など日本酒関連のハッシュタグをつけて投稿されています。
こういうハッシュタグ、当然大勢の人が投稿しているハッシュタグです。

自分でハッシュタグをつけようとしても「日本酒」しか思いつかない。
そんなときは他の人たちが投稿しているハッシュタグの発想をそのまま利用してしまった方が、よりたくさんのハッシュタグをつけることができます。

ハッシュタグ
日本酒だけでもこれだけ多くのハッシュタグが使われて投稿をされている。

2つ目:人気の投稿をチェックしよう!

特定のハッシュタグの写真一覧を見てみると、人気の投稿というのが出てきます。

これは多くの人からいいねやコメントをもらっている人気の写真が表示されています。当然人気なので多く人に見てもらいやすくなっています。
そのみんなに見てもらえる写真についているハッシュタグ。これをそのまま踏襲しましょう。

前述のように人気の投稿は露出が多いため、そこで使われているハッシュタグのキーワードはその分タップをされる可能性が高いです。
そこで使われているハッシュタグを利用することで、より多くの人に見てもらうチャンスが生まれます。

他にもハッシュタグの活用方法はたくさんあるかもしれません。
ただ、私が行っていていいねがつきやすいなと思うハッシュタグのつけ方はこのようなやり方になります。

次回は、人にいいねとコメントをつけるポイント編です。乞うご期待!

まとめ

1:インスタにはいいねとハッシュタグがある。
2:ハッシュタグをつけると写真を見てもらいやすくなる。
3:多くの人や人気のある投稿に使われてるハッシュタグを使うといいねがつきやすい。

toda

この記事はセールスチーム 戸田が書きました