2022年の仕事始めは・・・

category :  これからblog

update :  2022/01/13(木)

staff :  とだとだ

あけましておめでとうございます
ライターの戸田です
2022年 弊社は設立10周年を迎えました
これもひとえに皆様のご支援の賜物と感謝いたしております

といいつつも すでに1月の中盤
挨拶にしては遅くなってしまっている点
大変失礼いたしました

仕事始めは恒例の初詣から

ただ、そうはいっても弊社も4日から仕事始め!

今年も4日の地点ではまだコロナの感染者数も今日ほどは多くなかったこともあり
東京本社は、毎年の恒例である新宿の花園神社にて初詣をしてから仕事がスタート!

これからの10周年に弾みがつくよう、新年のご挨拶をしっかりして参りました。

社内では簡単な新年会!

その後は会社に戻り、恒例の簡単な新年会!

祝い酒として、仕事に支障のきたさない量の日本酒をいただきました。

※換気を行い、祝い酒を飲んでいるとき以外はマスクを徹底しております。

その後はお屠蘇気分そのままに、新年会を行う者や
正月明けから忙しいのか、いつになく働く者など
色々な形で過ごす人がいました。

仕事始めの日くらいは、こうして自由に楽しく過ごすのもこれからの素敵だなとと思う社風です!

私戸田はといえば、毎年新年会に参加する側でしたが、
私は4日にタイトなスケジュールとなるお仕事が入ったため、即仕事。

珍しいほどお酒を飲まない仕事始めだったのですが・・・・

仕事をしていると社長に声を掛けられ

17時くらいですかね
社長から
「戸田、今ちょっといい?」と呼ばれました。
社長「お腹空いてる?」
戸田「空いてないです」
社長「じゃあ大丈夫、二郎行こうよ」
なにが大丈夫かはわからないけども、なんだか楽しそうなので歌舞伎町にあるラーメン二郎に行くことに。

ちなみに他のメンバーは役員の川村さん

コンサル部署所属の田中という

1社長、3眼鏡という布陣!!

で、まぁ歌舞伎町にあるラーメン二郎までタクシーで

結論、なんかね、二郎は仕事始めに食べると縁起がよさそう!!

ラーメン二郎ちょっと思い浮かべてみてください。

「山盛りの野菜」のあの感じは
富士山を表していて、縁起がいいでしょ

「太くてしっかりとした麺」は
太くて切れない素敵な1年になりますように

「分厚いチャーシュー」は
お肉がいつまでも食べられるように健康でありますように

二郎のおなじみの「マシマシ」は
お金や仕事が昨年よりも「マシマシ」で増えてきますように
という意味がそれぞれ込められているので
なので、もう完全に縁起物です!

全部今テキトーに考えた理由付けですが!

ちなみに食べた二郎はそれぞれこんな感じ!

川村さん
ニンニク少なめで麺と野菜が普通

スタンダード二郎ですね

目の前の二郎に表情もわくわくです!!

戸田
ニンニクと麺が少なめで野菜が普通

田中
麺が少なめで野菜が普通

麺少なめな二人は川村さんと比較してみると、いくら量が少なく見えます!

そして社長
麺は少なめですが野菜が多め

こう見ると社長が1番こんもりとしていて
いわゆる二郎っぽい!

縁起が良さそうな形です!

戸田、田中よりも年上の役員の2人のほうがしっかり食べるという、若手社員だったら恥ずかしい感がある胃袋事情!
ただ、それでもとてもおいしく大満足でした!

ただ、前回から4年ぶりに食べたことを考えると

戸田が次食べるのは、2026年ミラノ冬季五輪のときになるのかな・・・

最後に社長ごちそうさまでした!久しぶりの二郎美味しかったです!

改めまして2022年を迎えて

今年、弊社は10周年を迎えました。
10年と言えば、成人したばかりの青年がおじさんというカテゴリーに属しはじめ、若さだけでは許されない責任がしっかりと乗ってくる年齢です。
飲めなかったビールだっておいしく飲めるようになっている年齢ですよ。

まぁこういうときの例に出す年齢って0歳の子が小学2年生とか、小学1年生が高校1年生とか子どもが多いと思うけど。成人が30歳っていうのも割とインパクトあるでしょ!

起業から3年で約50%、10年では約75%が倒産してしまうといわれる中、このように10周年を迎えるということは
そりゃ、もうスタートアップの若々しさ1本でというわけにはいかず、何かしらEC業界に対しての背負うものも大きくはなってきているのではないかと手前味噌ではありますが思うところでもあります。

そうしてこうして10周年が迎えられましたのも
ここまでご支援いただきました皆様のおかげです。

だからこそ、現状に満足せず全力で進化し続けることで皆様のご期待を超えるようなサービスを、これからも提供いたし、
今以上に 皆様のネットビジネスを底上げし
日本中にこれから旋風を巻き起こしてまいります。

ぜひとも 今後のこれからに期待してください

最後になりましたが本年も変わらぬご指導をお願いいたしますとともに
今後のご発展と皆様のご活躍を心よりお祈り申し上げます

SNSでシェアする