【2022年版】年間の販促スケジュールの立て方|ECマーケティングカレンダー

category :  EC売上UP

update :  2022/02/21(月)

staff :  とだとだ

皆さんはECサイトの運営において正しいスケジュールを立てて計画を練ることができていますか。
ECサイトも実店舗同様、販売計画を立てることが大切です。
そこで今回は、ECサイトの運営に大切な販売計画を立てるポイントを解説いたします。

軸となる販売時期を明確に

年間計画を立てるあたり大切なことは何かと慌ただしくなる繁忙期、売り上げの落ち込む閑散期、繁忙期に向けて対策をとる通常期を明確にし、書き出してみることです。

繁忙期は売り上げを最大化するために行動を起こすことが大切ですが、通常期や閑散期にいかに運営をスムーズにする対策がとれるかの戦略を練ることも大切です。

案外、自分たちのお店はいつが繁忙期で、いつが仕込みをすることができる通常期かというのを俯瞰して見られていない方も多くおられるようです。

まずは、自分たちのお店にとってのメイン軸となる時期を明確にしましょう。

一般的なイベントと絡める

自分たちの繁忙期が明確になったら、次は一般的なイベントを列挙してみましょう。

毎月何かしらのイベントや、売り上げに繋がるきっかけが思いつくはずです。

イベント
1月
  • ・正月
  • ・成人の日
  • ・初売り
2月
  • ・バレンタインデー
  • ・節分
  • ・受験
3月
  • ・ホワイトデー
  • ・卒業式
  • ・ひな祭り
4月
  • ・新生活
  • ・お花見
  • ・エイプリルフール
5月
  • ・母の日
  • ・ゴールデンウィーク
  • ・紫外線対策
6月
  • ・梅雨
  • ・ブライダル
  • ・父の日
7月
  • ・ボーナス
  • ・海の日
  • ・夏休み
8月
  • ・夏バテ
  • ・お中元
  • ・残暑見舞い
9月
  • ・敬老の日
  • ・お彼岸
  • ・シルバーウィーク
10月
  • ・ハロウィン
  • ・紅茶
  • ・日本シリーズ
11月
  • ・勤労感謝の日
  • ・ボジョレーヌーボ解禁
  • ・七五三
12月
  • ・クリスマス
  • ・大晦日
  • ・ボーナス

ぱっと思いつくだけでも毎月なにかしらのイベントや特出すべき季節の時候があります。

特に閑散期の商材に関しては、積極的にこれらのイベントに絡めたイベントなど企画し、お客様に案内をしていく必要があります。

今まで特に何もしていなかったというお店も、お客様に買うきっかけを与えてあげるイベントが大切です。

例えば、「夏バテを吹っ飛ばせ!夏の大感謝セール!」や、「ありがとうジャイアンツ!特別セール」のようなものであってもかまいません。

閑散期にお客様に再度店舗に来てもらうためのきっかけと、お得感を演出してあげることが大切です。

これらのイベントを企画し、メールマガジンでお客様に案内をしていきましょう。

便利な販促カレンダーの紹介

年間のイベントを決めたら、これらをきちんとカレンダーに書き込みましょう。

いついつにメールマガジンを送るのかであったり、特売の予定を書き込んだり、
そういった販促の山になるイベントをカレンダーに書き込み、その結果をきちんと集計していくことが大切です。

当たり前のことですが、きちんとカレンダーへの書き込みを行うことは、次の作業の備忘録になるだけではなく、
俯瞰して予定をみて、次の作戦を確認できるようにすることはなによりも大切なことです。

その際に、おすすめのカレンダーをご紹介します。

Yahoo!プロモーション広告の公式ラーニングポータル 販促カレンダー

https://promotionalads.yahoo.co.jp/online/calendar/

こちら広告運用のヒントが詰まったYahoo!が提供する販促カレンダーです。

毎月の特出すべきイベントや、検索ボリュームの増えるキーワードが掲載されており、毎月のイベントを考えるのに最適なカレンダーです。

MakeShopスクールの提供する「ECサイトの販促企画カレンダー」

http://school.makeshop.jp/promotion_calendar/

ECサイトのカートシステムMakeShopの販促情報サイト「MakeShopスクール」で提供するこちらのカレンダー。

毎月のイベントのほか、「アクセス数」や「購入率」などECサイトの運営に必要な情報を書き込む場所が設けられており、毎月の施策とその効果測定を測ることに適したカレンダーとなっております。

また、こちらのサイトには「季節毎の企画のポイントとイベントバナー」を掲載したページもあり、毎月のイベントを考えるのが苦手な方、バナーを作るのが難しい方にも便利な情報が多く掲載されております。

2022年版のEC販促カレンダーがダウンロードできるので、是非ご参考にしてください。

いっそ外注も

これらの販売促進の計画を考え、結果を分析していくことは、ECサイトの運営において大切なことになります。

しかし、通常の業務とあわせて行うことが難しいという方は外注をしてしまうのも1つ方法です。

弊社は、ECサイトのコンサルティング、サイトのリニューアル、広告運用の代行など、ECサイトに特化した販売促進の業務全般を行っております。

現在弊社ではサイトの改善診断を行っております。
もしも今現在サイトの運営にお困りごとがある方は、1度お問い合わせをいただければと思います。

お問い合わせはこちら

toda

この記事はとだとだが書きました

SNSでシェアする