ネットショップの売上を上げる方法|接客・追客を理解して売上を伸ばそう

category :  自社EC売上UP

update :  2021/05/31(月)

staff :  ishizawa

ネットショップの売上をアップさせるためには、どのようにすればいいのでしょうか。
この記事では、ネットショップの売上を向上させたいと考えている人に向けて、ネットショップで商品がなかなか売れない理由とともに、商品を売るための方法を解説します。
ネットショップの売上を上げるためにぜひ参考にしてください。

\ ネットショップの支援実績7,000 社以上! /
(※当社2021年実績)
ネットショップの売上UPを支援するどヘンタイ集団「株式会社これから」

ネットショップの売上が伸びない理由

ネットショップの売上が伸びない場合、さまざまな理由が考えられます。たとえば、ネットショップの接客や追客がうまくいってないケースも多いです。ネットショップの運営に関するノウハウや知識が不足しており、適切に対応できていない可能性もあります。

ネットショップによっては資金や人材が不足しているせいで、必要な施策をきちんと行えていない場合もあります。実際の状況を確認して理由を明らかにしましょう。

ネットショップの「接客」とは

ネットショップの接客とは、ECサイトをみやすく設計したり商品情報をわかりやすく示したりすることです。
実店舗と同じく、ネットショップにおいても接客に力を入れなければ売上はなかなか伸びません。

ネットショップの「追客」とは

追客とは、ネットショップで過去に商品を買ってくれた顧客にアプローチすることです。
メルマガやクーポンなどを発行してアプローチし、リピーターになってもらいます。追客の方法は、実店舗とほとんど同じです。

ネットショップの売上を上げる「接客」の方法

ネットショップで売上を得るには、どう接客すればいいのでしょうか。ここでは、有効な接客方法について解説します。

サイトの階層を見直す

ユーザーが欲しい商品にスムーズにたどり着けるように、サイトの階層を整理しましょう。
ユーザーがトップページから商品ページをみつけにくい状況であれば、たとえばカテゴリの分類に規則性をもたせてわかりやすくする必要があります。

階層を見直せば商品を探しやすくなるため、商品の売れ行きがよくなる可能性があります。

魅力的な商品ページを用意する

商品ページをみたユーザーに商品を購入してもらうには、商品の魅力をしっかり伝える必要があります。
ネットショップでは商品を手にとれないため、細かい部分までくわしく説明しなければなりません。

商品の写真をさまざまな角度から撮って掲載したり、具体的な利用シーンに言及したりしましょう。購入者のレビューを掲載するのもおすすめです。

分かりやすい購入フォームにする

着実に購入してもらうために、スムーズに購入手続きを済ませられるようにしましょう。購入フォームを顧客にとって最適な状態に調整することをEFO対策とよびます。

たとえば、入力必須の項目の色を変えてわかりやすくするのも大切です。顧客の目線から購入フォームをチェックし、できるだけ使いやすい状態に整えましょう。

ユーザーのサポート体制を整える

ネットショップでは、ユーザーが安心して商品を購入できる環境を整備する必要があります。
問いあわせにすぐに対応できるサポート体制を用意し、顧客の質問や相談へ返答しましょう。問いあわせのなかには、再入荷の確認など購入につながるものもあります。

また、返品や交換の依頼には即座に対応すると、ユーザーの不満を最小限に抑えられます。

出品数を増やす

ネットショップで売上を伸ばすには、出品数を多くする必要があります。商品数が多ければ、その分だけユーザーのニーズに合致する可能性も高くなるからです。
ユーザーが興味をもった商品の関連商品も案内すると、まとめて購入してもらいやすくなります。

コンセプトを意識しつつ、なるべく多くの商品を扱いましょう。

ネットショップで「追客」を狙うメリット

ネットショップの追客はなぜ必要なのでしょうか。ここでは、ネットショップの追客のメリットについて解説します。

コスパが良い

新規顧客を獲得するためには、たくさんの広告費や人件費がかかります。新規顧客の獲得を目指すよりも、追客で既存顧客に働きかけてリピーターになってもらったほうが、集客コストは低く抑えられます。

自社のネットショップを気に入っているリピーターが増えれば、口コミにより新規顧客を獲得できる可能性も高まっていくでしょう。

継続的な売上につながる

何度も自社のネットショップを利用しているリピーターは、ファンのような存在です。
リピーターが増えるほど、ネットショップの売上も安定します。安定的に売上を伸ばしているネットショップは、リピーターの囲い込みに成功しています。

長期的に売上を伸ばすためには、追客によるリピーターの確保が必要不可欠です。

ネットショップの売上を上げる「追客」の方法

追客としてはさまざまな方法があります。ここでは、ネットショップに取り入れたい追客の方法を解説します。

イベントを行う

イベントを企画すれば注目を集められます。たとえば、しばらくネットショップを訪れていないユーザーも、イベントなら興味を示す可能性があります。多くの人にイベントへ参加してもらうためには、トレンドを意識したり、ユーザーにとってのメリットを示したりすると効果的です。

内容によっては、既存顧客だけでなく新規顧客にもアプローチできます。

SNSを活用する

SNSはネットショップの追客にも役立てられます。コメントやフォローの機能を有効活用すると、ユーザーとの交流を深めて良好な関係を築けるでしょう。SNS上でユーザーと親密になれば、ネットショップや商品にも親しみをもってもらえます。

また、SNSはリアルタイムで更新でき、ユーザーの反応もすぐにわかります。シェアや「いいね」により拡散される場合も多く、多くの人の関心を引きつけられる可能性が高いです。

メルマガを送信する

過去に商品を購入した経験のある既存顧客には、メルマガでアプローチする方法もあります。メールアドレス宛に直接情報を発信できるため、着実に商品について宣伝できます。それぞれの顧客が興味をもっている商品のカテゴリにあわせ、ピンポイントでアプローチするとより効果的です。

メルマガの発行にはほとんどコストがかからないため、無駄がありません。経費を少なく抑え、ネットショップ運営の収益性を高めやすくなります。

充実したアフターサポートを提供する

既存顧客にリピーターになってもらうためには、アフターサポートに力を入れましょう。商品の購入時だけでなく、購入後にもきちんと対応してくれるネットショップは信頼されやすいです。
顧客は安心できる場所で商品を購入したいと考えているため、次に欲しい物を購入する際もネットショップを利用してもらえる可能性があります。

ネットショップにユーザーを集客するコツ

ネットショップに、たくさんのユーザーを集めるにはどうすればいいのでしょうか。ここでは、集客のコツを解説します。

ターゲット・ペルソナを明確にする

集客するためには、あらかじめネットショップのターゲットやペルソナを明らかにしておかなければなりません。
ターゲットやペルソナがはっきりしていないと、販促のために活動しても効果を得にくいです。

性別、年齢、職業などを具体的に絞り込み、どのようなユーザーにネットショップをみてもらいたいのか考えましょう。

スマホにあわせたサイト作りをする

商品にもよりますが、ネットショップのユーザーの多くはパソコンではなくスマホを利用しています。
そのため、ネットショップはスマホにあわせて作りましょう。小さな画面でもみやすいネットショップを心がけてください。

ページのデザインやレイアウトのみやすさだけでなく、スピーディに読み込めるように調整するのも重要なポイントです。

SEO対策を実施する

検索エンジンから流入するユーザーも多いため、ネットショップでもSEO対策が必須です。
SEO対策とは、検索されるキーワードに最適な内容のページを作り、検索結果の上位に表示させる方法を表しています。

SEO対策には外部施策と内部施策があるため、それぞれにきちんと対応する必要があります。

外部施策とは

外部施策とは、ほかのWebサイトから評価を集める方法です。ほかのWebサイトから評価されていると判断できる場合、検索結果において上位表示されやすくなります。
具体的には、被リンクの数によって評価されているか判断されます。ただし、自作自演で被リンクを増やすとペナルティがつき、上位表示されにくくなるため要注意です。

内部施策とは

内部施策とは、Webサイトの構造やコンテンツの質を高める方法です。ユーザーにとって便利で役に立つと検索エンジンから判断されるよう、Webサイトを整えていきます。
内部施策を施すには、Webサイトの構築に関する専門知識が必要です。ただし、ネットショップを作るためのシステムのなかには、内部施策にある程度自動で対応できるものもあります。

まとめ

ネットショップの売上をアップさせるためには、接客や追客が重要です。そのためには、ユーザーの意識を考慮してさまざまな施策を実践する必要があります。
ネットショップならではの特徴を押さえて対応しましょう。

「株式会社これから」は、独自ドメインのネットショップの制作、主客、リピート対策のすべてに対応できます。業界では唯一無二の体制でサポートしているため、ネットショップを作って売上を上げるためにぜひ相談してください。
\ ネットショップの支援実績7,000 社以上! /
(※当社2021年実績)
ネットショップの売上UPを支援するどヘンタイ集団「株式会社これから」