AmazonPayが実店舗での利用が可能に!

category :  自社EC売上UP

update :  2018/08/29(水)

staff :  とだとだ

アマゾンジャパンは、Amazon.co.jpのアカウントと連携する決済サービス「Amazon Pay」を
8月29日より実店舗で利用できるようにする新サービスを発表しました。

これまでのAmazon Pay

AmazonPayは、決済に使用する配送情報、クレジットカード情報など、Amazonアカウントの登録情報で、
Amazon以外の通販サイトでも支払いができるというサービスです。
これまで「イプシロン」などのカード決済会社との連携を行うことで、
Amazon以外の通販サイトでのカード決済に利用することができました。
これにより、かご落ちの防止など、購入率の改善施策として利用されているサービスです。

使い方

購入者がAmazonのショッピングアプリのメニューから 「プログラムと特典」「すべてを見る」「Amazon Pay」をタップすると
30秒ごとに変化する1回しか利用のできない動的QRコードが発行されます。

お店舗側では、購入金額を入力してから、このQRコードを、専用アプリを使って読み取れば決済できることになります。

現在のところ

現段階では、東京と福岡の数十店舗と、まだまだ利用のできる場所は限られているAmazon PayのQRコード決済サービス。
利用できる具体的な場所の一覧などは、アマゾン側では現在用意していないとのことでわからないです。
しかし、今後、個人経営の店舗など中小規模の場所を中心に拡大が予想されます。
現段階では2020年末まで店舗に対する手数料は無料。その後の手数料は現在のところ決まっていません。

導入メリット

キャッシュレスが盛んな昨今。様々な決済がスマホに集約してきております。
クレジット決済を店舗Amazon決済が使えることは、
エンドユーザーにとっても購入手段の一元化に繋がることによる利便性が獲得できます。
また、店舗側にとってもAmazonの顧客基盤に対応することで、
来店客の増加や、現金管理の工数削減などのメリットが期待できると予想されています。

自社ECにおいて

AmazonPayの導入は、ECの購入率を上げる施策として有効な手段となります。
前述した通り、かご落ちの防止など、購入率の改善施策に繋がるため、是非とも導入をしておきたいサービス。
また今後、Amazonでは、一般ユーザーの利用を促進する取り組みとして、
アプリの開発を進めることを検討しているとのこと。 それに伴い、Amazonポイントを利用した決済も検討されているということで、

近い将来、AmazonPayを軸とし、Amazonと自社ECサイトと実店舗のポイント連動を行うなど、
今までよりも安価に簡易的なオム二チャネル化を実現できるようになるかもしれません。
そのため、今からEC事業者の方であれば注目しておきたいポイントになります。

関連記事

toda

この記事はとだとだが書きました