【初心者必見】読みやすい記事コンテンツを作成する方法

category :  自社EC売上UP

update :  2018/05/30(水)

staff :  ゆりーか

WordPressでサイトを開設し情報発信を始めるには、記事コンテンツの作成に取りかかる必要があります。
記事作成はコンテンツマーケティングの壁とも言われており、多くの人が作業を始める前に挫折しています。

検索結果で上位表示し検索エンジンから膨大なアクセスを呼び込みたいのなら、記事コンテンツの作成は、ぜひとも得意になっていただきたいです。
今回は読みやすい記事コンテンツの作成方法を解説していきます。

1記事には1キーワードが原則となる

記事コンテンツを作成する際、たった1記事にさまざまなキーワードを詰め込もうとする方がいます。
いろいろと伝えたくなる気持ちは理解できますが、1記事には1キーワードが原則です。

1記事にさまざまなキーワードが入っていると、記事の目的がぶれてしまうため、ユーザーへのメッセージ性が薄れてしまいます。
その結果ユーザーの満足度の低下につながってしまいます。

少し難しいかもしれませんが、目的意識を持って1記事1500~3000文字程度で良質なコンテンツを作成していきましょう。

適切な見出しタグを利用し読みやすくする

文章を書く際は、必ず見出しタグ(h1~h6)を適切に使いながら、読みやすい記事コンテンツを作成することを意識してください。
最初は頭の中にあるアイディアを書き起こすことに必死で、全体的な構成を考える余裕はないかもしれません。

しかし検索ユーザーや検索エンジンのクローラーに、どんなコンテンツが記述されているのか適切に認知してもらうには、正しい見出しタグの利用が必須となります。

文章のまとまりを意識して見出しタグを適切に使用できるようになれば、ユーザー満足度が向上し、リピーターになってもらうことができます。

検索ユーザーを意識して悩みを解決してあげる

コンテンツを作成するときは、事前に選定したキーワードと合致する検索ユーザーを頭の中で思い浮かべて、悩みや問題を解決できる内容にすることを心がけます。

たとえば下記のようなことを思い浮かべてみましょう。

・なぜこのキーワードで検索するのだろう?
・抱えている問題や悩みはなんだろう?
・どんな情報を必要としているだろう?
・何を提示すれば検索ユーザーは喜ぶだろう?

このようなことを記事コンテンツの作成前に、しっかりと思い浮かべながら作業に取りかかれば、おのずとユーザーニーズを満たす記事の作成ができるようになります。

最初は記事を書き終えるだけでも一苦労かもしれません。

しかしライティングの練習を重ねていけば、頭の中にあるものを適切に言語化できるようになります。 記事構成もタイトル・本文・まとめなどの簡単なもので構いませんので、まずは書く練習をしっかりとしていきましょう。

次回はコンテンツマーケティングを行う際に使える無料ツールについて解説していきます。
お楽しみに!

この記事は広報担当 ゆりーかが書きました