1章 ネットショップが売れないときの理由とは

category :  自社EC売上UP

update :  2018/05/21(月)

staff :  ゆりーか

1章 ネットショップが売れないときの理由とは

ネットショップを開設したからといって、すぐに商品が売れ始めるわけではありません。 実際に売り上げを伸ばすには、さまざまな創意工夫が必要です。

今回はネットショップで商品が売れないと悩む方に向けて、その理由を解説していきます。

ネットショップのコンセプトがあいまい

ネットショップを成功に導きたいのなら、明確なコンセプトを決定することから始めなければいけません。
なぜならコンセプトがあいまいなままネットショップを運営すると、ターゲットや方向性が明確に定まらないからです。

誰に何をどんな方法で販売したいのかが事前に決まっていれば、ネットショップのデザインやキャッチコピーに統一感が出ます。
また明確なコンセプトがあれば、メッセージ性が強くなり他社のネットショップと差別化を図ることができます

販売している商品に強みがない

ネットショップを介して商品を販売するには、ライバルに負けない強みが必要です。
もし販売している商品に独自の強みがなければ、いずれライバル企業に模倣され、市場に商品が埋もれてしまうでしょう。

独自の強みがあれば同じような商品がネットショップで販売されても、その商品独自の付加価値によって最後まで勝ち残ることができます。

マーケティングができていない

自社の商品を販売するにあたり、キーワード選定やコンテンツの制作・広告などマーケティングは必須です。
ネットショップに商品を掲載してさえいれば、自然と商品が売れる時代ではありません。集客したい見込み客に対して、情報発信などアプローチすることが求められています。

特に最近はソーシャルメディアで活躍するYouTuberやInstagramerなど、インフルエンサーを利用したマーケティングに注目が集まっています。
このような最新のマーケティングでも他人事と思わずに、常日頃からアンテナを張っておくことが大切です。

訪問者に向けたおすすめ商品がない

ネットショップで商品を販売する場合、訪問者に向けておすすめ商品がどれなのか必ずピックアップしましょう。
特に多数の商品が掲載されていると、訪問者はどの商品を購入すべきなのか判断できません。

『人気商品の売上ランキング』

『店長のおすすめ商品』

などのコーナーを設けて、売れる仕組みを作り上げていきましょう。

もしネットショップを開設したものの商品が売れないのなら、問題点をひとつずつ見直してみましょう。
ちなみに商品の強みを市場に明確に打ち出すことは、決して簡単なことではありません。時間をかけて取り組むことで、見込み客はあなたのネットショップから商品を購入するようになるでしょう。

次回はネットショップが売れないときの時期について解説していきます。
お楽しみに!

この記事は広報担当 ゆりーかが書きました