ECサイトの無料の作り方|簡単に作成や構築できるサービスを紹介

category :  EC売上UP

update :  2022/06/01(水)

staff :  yamada

ECサイトを無料で作成するのは難しくありません。

最近は、無料でECサイトを作成できる便利なサービスが複数あるからです。

どれが最適なのか、ECサイトでどんな商品を販売するのか、何が優先順位なのか、自分の強みや目的によって選ぶのが良いです。

基本的には無料のASPサービスを利用して作成するのが無難と言えますが、それぞれの種類や方法の特徴を参考にして判断してください。

 

無料のECサイトの種類は大きく3種類

無料で EC サイトを撮影する場合サイトの種類は大きく3つあります。

  • ・無料のASP
  • ・WordPress
  • ・Yahoo!ショッピング


EC サイトを始める際に、どんな商品を販売するか、何を優先したいかなどの条件によって、どれが最適か精査しましょう。

  無料ASP

WordPress

Yahoo!ショッピング
こんな人に
おすすめ

・始めてECサイトを作成する
・簡単にECを始めたい

・WEBの知識や技術がある
・ECとブログ両方やりたい

・販売商品が型番系

・広告費を投じて集客数を増やしたい

特徴

・誰でもECサイトを始めることができる。

・圧倒的なサイト構築の実績がある

・既存のサイトを活かすことができる

・デザインは自由度が高いサイトを作成することができる

・モール自体に信頼性がある

・費用をかければ集客しやすい

初期費用 無料 無料 無料
月額料金 無料 無料 無料
決済・販売手数料 ~6.6%+30円 ~5% 月間売上高の
2.0~4.5%
サーバー 不要 必要 不要
販売可能な商品

・物販
・ダウンロード

・物販
・ダウンロード

・物販
・ダウンロード
作成期間

約2週間

約2週間

1か月

 

基本的には、サイト作成の手間がかからない無料ASPがおすすめです。デザインやHTML などの知識は不要です。

ECサイトの多くが ASP で作成されており、売れているショップも多数存在します。

WordPressは、サイトのデザインやページの設計にとにかくこだわりたい、自作できる方におすすめです。

特に既存のサイトがWordPressdeで構築されている場合、多少のカスタマイズするだけでEC機能を追加することも可能です。

Yahoo!ショッピングは、販売商品が型番系の場合に向いています。

型番商品は比較的モールで売れやすい傾向があるからです。


無料ASPでおすすめサービス

無料ASPで実績が豊富なサービスを紹介します。いずれともECサイトの専門知識が不要で、運営に必要な機能もそろっています。

 

  カラーミーショップ

BASE

STORES
初期費用

無料

無料

無料

無料 無料 無料

無料

決済手数料 6.6% + 30円
※Amazon Payは6.5%+30円
3.6%+40円+3% 3.6%
デザインのテンプレート数 80種類以上 50種類以上 40種類以上
SNS連携
SSL
独自ドメイン


※サブドメイン限定

最低利用期間 なし

なし

なし

サポート体制

メール

・電話/メール

・電話/メール

 

BASEとSTORESは手数料が比較的安いです。とにかく費用を抑えたい方に最適です。

初心者でも扱いやすいシンプルな機能・画面になっているため、サイトを作成しやすいのも魅力です。

カラーミーショップはデザインテンプレート数が豊富です。ASPとして実績が豊富なため、売れているショップを見本にしてサイトを作成することも可能です。

さらに、売上が伸びてきてサイトの規模を拡大したい場合は、プランアップすることで、反則や分析に必要な機能を充実させることも可能です。

 

無料ASPのデメリット

無料 ASP は費用や手間をかけずに、誰でもEC サイトを作成することができます。

ただし、無料であるがために、機能やサービス面において多少の制限があります。

小規模のEC サイトの場合、運営に大きく差し支えることはありませんが、事前に把握しておきましょう。

機能に制限あり

有料プランより使用できる機能が制限される場合もあります。それゆえに、運営の手間がかかりやすいこともあります。

制限されてる機能例

  • ・登録できる商品点数
  • ・アクセス数の分析機能
  • ・決済方法

サポートの窓口が変わることも

無料ASPによってはサポート窓口が変わることもあります。

例えばカラーミーショップでは無料プランの場合、問い合わせは手段はメールだけですが、有料プランの場合は電話も受け付けています。

ただし、BASEやSTORESは無料プランでも電話による問い合わせが可能です。

 

無料のECサイトを作成する手順

最も簡単にECサイトを作成できるのは無料ASPです。

できるだけ簡単に手間をかけたくない人は、無料 ASPでサイトを作成しましょう。

すでにWordPressで構築されたサイトに、EC 機能を追加したい場合も手間がかかりません。

無料ASPの作成手順

無料ASPでECサイトを作成するのは比較的簡単です。

サーバの用意は不要なので、ASPでアカウント発行画面で必要事項を入力するだけですぐに開始できます。

  1. 1.無料ASPに登録する
  2. 2.デザインのテンプレートを選ぶ
  3. 3.商品を登録する
  4. 4.公開

 

作成にあたり用意するものは基本的には商品画像のみです。ASPの管理画面はCMSとなっているため、初心者の方でも作成できる仕様になっています。

煩雑な手続きの審査もありませんので、すぐにECサイトを作成できるのも魅力です。

WordPress(既存ホームページ)でEC機能を追加する手順

既存ホームページがWordPressですでに構築されている場合の手順を紹介します。

基本的にはEC機能のプラグインを追加するだけです。

  1. 1.EC機能をプラグインで追加する
  2. 2.基本設定を行う。
  3. 3.商品を登録する
  4. 4.公開

 

プラグインはWelcartが有名です。

もし新たにWordPressでECサイトで作成する場合は、相応のメリットがあるのかしっかり検討しましょう。

手間をかけずに安全性が高い定番のECサイトを作成するなら、無料ASPを利用することをおすすめします。

 

Yahoo!ショッピングの開店手順

国内大手のオンラインショッピングモールの中で、Yahoo!ショッピングは初期費用や月額料金が無料で個人でも出店できます。

  1. 1.出店に必要な情報を手配する
  2. 2.出店の審査
  3. 3.開店準備を進める
  4. 4.開店の審査
  5. 5.公開

 

申し込みに必要な情報や審査等についての詳細はYahoo!ショッピングの公式サイトをご覧ください。


無料ECサイトの注意点

小規模の EC サイトを作成する場合、無料サービスを利用することで生じる大きなデメリットや注意点は特にありません。

なぜならば、ASPがサービスや機能面の拡充を進めており、小規模のECサイトの場合なら、作成や運営面において大きな支障は発生しないからです。

ここでは、主に無料ASPにおけるあらかじめ知っておきたい注意点を紹介します。

手数料が有料プランと比べて高い

基本的にはどの無料ASPも有料と無料では決済・販売手数料が異なります。

例えばカラーミーショップで比較すると、

  • ・無料プラン:6.6%+30円
  • ・有料プラン:4%

3,000円の商品で手数料の合計金額を比べると、

  • ・無料プラン:228円
  • ・有料プラン:120円

となります。

予め、どのくらいの売り上げを見込んでるのか試算しておきましょう。

そもそも競合が多いため売上を伸ばすことは簡単ではない

EC サイトを作成するだけで簡単に売り上げが伸びることは少ないです。理由は競合が日々増えているからです。

例えば、BASEの開設数が160万ショップを突破しており、年々増えています。

EC 市場が伸びているためビジネスチャンスがありますが、まずはECサイトに訪れてもらうための工夫は必須です。

まとめ

EC 市場の拡大から、EC におけるサービスが拡充され。法人・個人問わず EC サイトを作成できるようになりました。

無料でECサイトを作成する場合、どんな条件で、何を優先したいのかを考えた上で、判断しましょう。

専門的な知識や技術がなくても、手間をかけずにサイトを作成できる方法は無料 ASP を使うことです。

もし、EC サイトを本格的に運営して、売り上げを伸ばしたい場合は、専門の会社に相談をすることをおすすめします。

自身の目標や目的に叶った最適なプランが見つかるはずです。

SNSでシェアする