売れるECサイトデザインの基礎

category :  自社EC売上UP

update :  2018/07/10(火)

staff :  douki

こんにちは、株式会社これからでデザイナーをしている道木です。
みなさんにお伝えするのは、ECサイトを構築してる上で悩むであろう「デザインについて」です。

ポイントで今回は2点お伝えするので、これがデザインの全て!絶対!というわけではないですが、
一意見としてデザインに悩まれている方は参考にしてみて下さい。

ファーストビューでユーザに伝える

まず、ファーストビューとはWEBサイトをクリックした時に、
スクロールせずに見える最初の画面のことを言います。

また、サイトに訪問したユーザがファーストビューを見ただけで、離脱してしまう割合は
一概には言えませんが、だいたい70%~80%と言われています。

このサイトを構築する上で、大切なファーストビューですがここで盛り込みたい要素は、
何の商品を売っているサイトなのか、一目でわかるようにメインビジュアルを置くことと、
このサイトで買うメリットです。(他にもありますが今回はこの2点に絞ります)

そもそも、何の商品を売っているのかが明確にわからないサイトを、
スクロールして下まで読み進めるユーザはなかなかいません。
なので、メインビジュアルを一目でみて、
何のサイトなのか見やすく理解できてもっと見たい!買いたい!
とユーザに思わせるデザインが必要になります。

次にこのサイトで買うメリットです。
例えば沢山あるショップの中であなたは何を見て購入しますか?
商品のデザイン性や機能性はもちろんですが、似たり寄ったりのショップが何サイトかあった場合に、
「送料無料」「安心保障」「○○ランキング1位」など他のショップより、
メリットのある、より良いショップで購入しようと思わないでしょうか。
その付加価値部分がお店の強みとなり、購入者数も増えるはずです。

 

情報を整理する

これはECサイトのデザインだけでなく、
バナーデザインなど他のデザインでも共通して言えることですが、
情報を整理することも大切です。
情報が整理されてないデザインは、ユーザにとって見にくいです。

何が必要で、何が必要ではないのかを見極めて無駄なものは省く。
そうすることで商品の良さが引き立ち、
自然と伝えたい内容も浮き出てくるのではないでしょうか?

また、WEBサイトを見る上で人の目線は
左から右へとそして左下からまた右へと「Z」の字を描くように読み進める傾向にあります。
そのためその点も考慮しながらデザインしてみて下さい。

 

カッコイイサイトが売れるサイトではない

「オシャレ!イケてる!」と思わせることは、サイトにとってはプラス要素です。
しかし、ECサイトにおいての最大の目的は「商品を売ること」です。
どんなにデザイン性の高い、オシャレなサイトを作っても商品が売れなければ、意味がありません。

では、なぜECサイトにおいてデザイン性が重要視されないのかと言いますと、
ECサイトは商品を売ることが目的なので、商品購入までの導線がスムーズかなど、
ユーザビリティが重視されてくるからです。
なので、ビジュアル面だけで見るとオシャレなサイトよりも、
ダサいサイトのほうが売れているということもあります。

商品を売ることを目的としないコーポレートサイトの場合
会社の特色などを活かして、デザイン性を重視する場合もあるかと思います。

ECサイトは、ターゲットが求めているものを理解した上で、
使いやすいデザインにすることが重要
だと僕は思います。

 

まとめ

他ECサイトをデザインする上で盛り込むことや重要な要素はまだあります。
今回はその中で重要な点をピックアップしてお伝えしました。
ただ、なによりも大切な点は、ユーザ目線に立った時にどうなのかを考えて
サイト全体をデザインすることと思います。
ぜひ参考にしてみて下さい。

 

toda

この記事は道木が書きました