ECサイトの集客方法で押さえておきたい3つのポイント|アクセス数を増やす取り組むべき3つの集客方法

category :  自社EC売上UP

update :  2021/03/31(水)

staff :  みっちー

ECサイトで効果的に集客するには、いくつかのポイントがあります。
それぞれの特徴を踏まえたうえで、自社にとって最適な集客方法を選びましょう。
この記事では、売れるECサイトの集客方法とともに、自社に適した選び方を解説します。マーケティングを効果的に進めるために、ぜひ参考にしてください。


\ ネットショップの支援実績 2,000 社以上! /
ネットショップの売上UPを支援するどヘンタイ集団「株式会社これから」

ECサイトにおける集客の必要性

ECサイトを立ち上げた後は、集客に力を入れる必要があります。できたばかりのECサイトは知名度が低いため、何もしなければ自然流入を期待できません。
ECサイトへの流入が期待できる集客方法は、多岐にわたります。ECサイトの集客方法としては、Web広告を出稿する、SNSを活用する、SEO対策を実施して検索エンジンからの流入を狙うといった方法がおすすめです。
また、実店舗がある場合、実店舗でECサイトを宣伝して認知度を高める方法もあります。

ECサイトが取り組むべき3つの集客方法

ECサイトで集客するにはさまざまな方法があります。ここでは、ECサイトが取り組むべき集客方法を具体的に3つ解説します。

Web広告を活用する

Web広告は、さらにリスティング広告、アフィリエイト広告、リマーケティング広告などがあります。リスティング広告には、検索エンジンに入力されたキーワードをもとにし、自社のECサイトに興味をもちそうなユーザーに表示する検索連動型広告があります。

また、ターゲットが閲覧しているWebサイトに、画像やテキストで広告を表示するディスプレイ広告もあります。

アフィリエイト広告とは、ブログやWebサイトの運営者(アフィリエイター)に依頼し、それぞれのページで商品やサービスを宣伝してもらう広告を指します。リマーケティング広告では、過去に自社のECサイトを訪問したことがある人に広告を配信して再訪を促します。

SEO対策を行う

SEO対策を強化すれば、検索エンジンの上位に自社のECサイトを表示させられる可能性もあります。オーガニック検索による流入が増えれば、ゆくゆくは少ないコストで多くのアクセスを獲得しやすくなります。

オーガニック検索とは、検索エンジンで検索した際に表示される広告枠以外の検索結果のことです。オーガニック検索は、自然流入と表現される場合もあります。SEO対策を成功させるには、自社のコンテンツを充実させながら改善していく必要があります。

SNSを活用する

SNSで情報収集する消費者が増えているため、企業もSNSを利用して情報を発信するケースが多くなっています。たとえば、ハッシュタグを利用すると、より多くの人に投稿を見てもらえる可能性があります。うまく自社のECサイトへ誘導できれば、効果的に流入を増やせるでしょう。

SNSでは口コミも拡散されやすいため、自社のECサイトのファンを集められる可能性もあります。

ECサイトにおける集客方法の選び方

ECサイトにおける集客方法はどのように選べばいいのでしょうか。ここでは、ECサイトの集客方法の選び方を具体的に解説します。

短期間で集客をしたい場合は「Web広告」

Web広告は掲載を開始するとすぐに目立つ場所に表示できるため、短期間で一定の効果を期待できます。特にリスティング広告やディスプレイ広告などはターゲットを絞り込んで表示しやすく、クリックしてもらえる可能性が高いです。ECサイトの知名度を上げたいと考えるなら、短期的にWeb広告を配信すると効果的です。

Web広告は、数万円の予算でも掲載を開始できます。試験的に掲載して効果を感じられた場合は、数百万円程度まで予算を増やせます。

中~長期間で集客をしたい場合は「コンテンツマーケティング」

中長期的に安定した集客を目指す場合は、コンテンツマーケティングに力を入れましょう。コンテンツマーケティングとは、自社で運営するブログやWebサイトなどのコンテンツを充実させ、オーガニック検索を増やす方法です。コンテンツマーケティングが成功すれば、広告のために費用を割かなくても認知度を高められます。

そのためには、検索エンジンの検索結果に上位表示される必要があり、SEO対策が必要です。とはいえ、自社で対策を進めれば0円で流入を増やせる可能性があります。外部の企業に依頼して取り組む場合は、数十万円から数百万円の費用がかかります。

SEO対策の具体的な方法については後述するので、そちらも参考にしてください。

長期間で顧客ロイヤリティの高い集客をしたい場合は「SNSマーケティング」

長期的に顧客ロイヤリティを重視して集客したいのであれば、SNSマーケティングが適しています。顧客ロイヤリティとは、企業や商品に対する顧客からの信頼感のことです。TwitterやFacebook、InstagramなどのSNSで長期的に有益な情報を発信し続ければ、企業に信頼を寄せる顧客を増やす効果を期待できます。

SNSによってそれぞれ異なる特徴があるため、自社や商品にあわせて選ぶ必要があります。たとえば、Twitterは日常的なコミュニケーションに近い感覚があり、多くの人の共感を得られるような投稿が人気です。

SNSマーケティングについても、自社ですべて対応できれば改めて予算をかける必要はありません。外部の企業に依頼するなら、数十万円から数百万円の予算が必要です。

安定した費用対策効果で集客したい場合は「アフィリエイト広告」

費用対効果を重視するなら、アフィリエイト広告がおすすめです。アフィリエイト広告の場合、費用が発生するのは、基本的に指定したコンバーションが発生したときのみです。そのため、広告の掲載を依頼する企業にとって安定的な費用対効果を期待できます。

ただし、どのようなコンテンツに広告が掲載されるかについては、アフィリエイター次第です。自社のブランドのイメージを損なわないようにするには、広告を掲載してもらうブログやWebサイトを厳選する必要があります。

アフィリエイト広告は、数千円程度の予算から開始が可能です。ただし、報酬が少なければアフィリエイターに紹介してもらえず、効果が出ない可能性もあります。

ECサイトの集客ではSNSの運用が重要

ECサイトで集客するためには、SNSの活用が重要なポイントとなります。ここでは、その理由とともにSNSの運用のポイントを解説します。

SNSが集客に有効な理由

安定的な売上を確保するためにはリピート客を増やし、定期的に商品を購入してもらう必要があります。以下では、具体的な施策を解説します。

SNS運用のポイント

SNSで集客を目指すには、フォロワーを増やすところから始める必要があります。急にフォロワーを増やすのは難しいため、中長期的に運用することが前提となります。そのためには、魅力的な内容を定期的に更新し続けなければなりません。

また、SNSでは投稿の炎上にも気をつけましょう。誰が見ても不快な気持ちにならないよう配慮した内容を意識すべきです。不適切な投稿をした場合、企業のアカウントは個人のアカウントよりも拡散されやすくなります。ファンや顧客の信頼を損ねないよう、十分な注意が必要です。

ECサイトの集客に欠かせないSEO対策

中長期的な戦略により安定的な集客を目指す方法として、SEO対策が重視されています。SEO対策の効果が出始めると、効率的な集客が可能です。ここでは、ECサイトの集客につなげるために重要なSEO対策について、注目されている理由や具体的な手法を解説します。

ECサイトの集客でSEOが注目されている理由

ECサイト市場は急成長していますが、構築するだけでアクセスを集められるわけではありません。Webサイトへアクセスする手段としては、検索エンジンが大きなウエイトを占めています。検索エンジンからの自然流入を狙うには、検索結果において上位表示される必要があります。SEO対策は、検索エンジンによる上位表示のために必要不可欠です。

集客方法としては広告や動画配信などもあります。しかし、これらは短期的には有効であるものの、高い広告費がかかります。さらに、効果は一時的なものであるケースが多いです。

SEO対策により自社のブログやWebサイトなどへの自然流入が増加すれば、PV数のアップや利益の向上につながります。長期的に上位表示される良質なコンテンツを維持できた場合、継続的な効果を得られます。

ECサイトにおけるSEO対策

ECサイトの集客においては、SEO対策が重要です。ここでは、ECサイトに対して導入したいSEO対策のうち、内部対策や外部対策について解説します。

内部対策

内部対策とは、ブログやWebサイトの骨組みにあたる部分に埋め込んで情報を最適化することを意味します。内部対策の対象となるのは、たとえばtitleタグ、見出しタグ、meta、alt属性、リンクなどです。表面上は見えない部分も多いですが、正確に作り込むとSEO対策を強化できます。

検索エンジンで上位表示するための基準は、頻繁に変化しているのが現状です。しかし、内部対策にしっかり取り組んでおけば、基準がアップデートされても上位表示し続けやすいブログやWebサイトを構築できます。内部対策はSEO対策の基本となるため、きちんと行いましょう。

外部対策

外部対策とは、外部の優良なコンテンツから被リンクを受けることで、検索エンジンから評価される仕組みです。外部のWebサイトやオウンドメディアだけでなく、SNSによる被リンクも対象になります。

ただし、単に被リンクが多ければいいというわけではありません。金銭の支払いにより被リンクを増やすと、スパムに認定されてペナルティを科されます。
ここでいうペナルティとは、検索エンジンのインデックスから削除され、検索結果に表示されなくなることです。その場合、自然流入がまったくなくなる恐れもあるため、金銭の支払いによる被リンクの獲得は避けましょう。

効果的なコンテンツの作成

SEO対策としては、コンテンツの内容も重要なポイントです。自然流入が見込めそうなキーワードを選定し、多くの人が求めている情報を記載する必要があります。キーワードの選定には、専用のソフトやシステムを使用すると便利です。

また、季節によって検索数が変動するキーワードは、時期を考慮して掲載する必要があります。たとえば、クリスマスに関連する商品を紹介する場合、2~3ヶ月前には掲載しておきましょう。

コンテンツを掲載した後は、効果を検証しながら改善を加えることも重要です。

まとめ

ECサイトへ効果的に集客するためには、さまざまな方法があります。短期的には、Web広告を活用し、中長期的な取り組みであればSEO対策やSNSを活用するとよいでしょう。自社に適した方法を取り入れ、ECサイトへの流入を着実に増やしてください。

株式会社これからでは、独自ドメインのECサイトの制作から集客までを一気通貫でサポートしています。
EC専門のコンサルタントが現状をヒアリングしたあとに、お客さまに最適なプランを提案します。自社のECサイトへの集客方法を検討中の方は、ぜひ無料相談をお申し込みください。

\ ネットショップの支援実績 2,000 社以上! /
ネットショップの売上UPを支援するどヘンタイ集団「株式会社これから」