第5部1章 今から始めるFacebookを使ったおすすめの活用法3選!

category :  自社EC売上UP

update :  2018/03/01(木)

staff :  ゆりーか

Facebookを使ったおすすめの活用法

ECサイトを運営する上でSNSの活用は必須といっても過言ではありません。今回はSNSの中でもFacebookを使ったおすすめの活用法をお伝えします。今からショップの宣伝にFacobookを使おうとしている方は必見です!

目次
・Facebookページを作成する
・CTA(コールトゥアクション)ボタンを設置する
・いいね!をリクエストする
・セールやイベントの告知をする
・まとめ

Facebookページを作成する

まずFacebookでショップの宣伝をするためには、個人ページだけではできません。そこで必要なのはFacobookぺージです。まず個人ページとFacebookぺージの違いついて少し説明していきます。

個人ページ

・本名のみ登録が出来る
 →会社名やショップ名にはできない
・友達の上限数がある(5000人)
・友達になった人の個人ページにいいね!や書き込みができる
・Facebookにログインしている人しか見られない
・投稿した内容が検索エンジンに表示されにくい
 →SEO効果が低い
・インサイト機能が使えない
・広告が出稿できない

Facebookページ

・会社名やショップ名で登録ができる
・友達申請はできない
 →友達の代わりにフォロワーがいる
・Facebookにログインしていない人でも閲覧できる
・複数のアカウントで運用できる
・広告を出稿できる
・投稿が検索エンジンに表示される
 →SEO効果があり
・Facebookの広告が使える
・インサイト機能が使える
・投稿がフォロワーのニュースフィード(お知らせ欄)に表示される

Facebookページは複数人で管理できる宣伝やPRのためのページです。

では早速Facebookページを作成してみましょう。
発見の中にある「ページ」をタップするとFacebookページを作成の項目が出ます。
ページの名前の入力・カテゴリー選択・Webサイトの追加。そのあとプロフィール写真とカバー写真を設定します。

Facebookぺージの作り方

これでFacebookページの作成は完了です。

CTA(コールトゥアクション)ボタンを設置する

FacebookページにはCTA(コールトゥアクション)ボタンを設置することができます。

CTAボタンとはユーザーにとってもらいたい行動を促すためのものです。
「電話する」「問合せする」「会員登録をする」などを、したいと思ったときすぐに行動に移せるようにわかりやすい位置・見やすいボタンを設置します。

CTAボタンの設置方法

1.ボタンを追加をタップ
ボタンを追加をタップ

2.ボタンの種類を選ぶ
ボタンの種類を選ぶ

3.選んだ種類の項目を埋める
選んだ種類の項目を埋める

4.完成
完成

FacebookページのCTAボタンにはいくつかの種類があります。
気軽に電話ができるということを押し出していくなら「今すぐ電話」ショップの会員を増やしたいのであれば「登録する」を選ぶなど、自分のショップ・お客様に合った項目を選んで設置しましょう。

いいね!をリクエストする

いいね!はユーザーが自らするものです。ですがこちらからアクションを起こすことでユーザーにいいね!を促すことができます。

いいね!をしてもらうと以下のメリットがあります。
・自動的にFacebookページがフォローされる
・いいね!をしたユーザーの友達にページや投稿が拡散される

簡単に言うと、いいね!の数が増える=露出が増えるということです。

ただしいいね!がたくさん欲しいからと言って、頻繁にリクエストを送り続けるのはあまりオススメしません。
毎日毎日立て続けにリクエストが届いたらどう思うでしょうか?露出度を高めることは重要ですが、やりすぎは禁物です。マイナスイメージも付きかねないので節度を持って行いましょう。

まとめ

この3つの作業はいわばスタート地点に立ったのと同じことです。ネットショップの運営も同様ですが、ただFacebookぺージを作っただけではユーザーに情報を拡散することはできません。定期的に情報発信をしたり、フォロワーを増やすためにどうすればいいかなどきちんと考え運用することが大切です。

次回は、今から始めるTwitterを使ったおすすめの活用法をご紹介します。お楽しみに!

この記事は広報担当 ゆりーかが書きました